えびの杜 自作水槽台のススメ その他
プロフィール

かぐや

Author:かぐや
「えびの杜」でーす。がんばってま!




matsuri 9th impact 絶賛受付中!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作水槽台のススメ その他2009-08-04(Tue)

ただいま出張中。
予約投稿も知ってしまったおれは、ついやってしもた。
前回の5は、ちょっと説明足らずだったのでそのうち補足します。画像が撮れたらね。
それと、

CIMG1034.jpg

↑に、直接水槽を置くのではなく、天板を一枚上にのせます。
材質は、色々ありますが使用経験上メルクシのフリー板(集成)で厚みが30mmの物が一番良かったです。
水に濡れてもほとんど影響がありません。

塗料ですが、オイルステインを使用しています。
オイルステインは、各メーカーから販売されていますが、メーカーによって性格が違います。
中には匂いのなかなか取れないものもあります。
私が使っているのは、ALESCOjというメーカーのものです。
非常に匂いのとびが早いので、これ以外は使えなくなってしまいました。
これね

CIMG1985.jpg

顔料もしっかりしているので、1回塗りで十分いけます。
私がよく使っているのは、チーク色です。
防腐という点で、キシラデコールでは?とか聞かれることがありますが、
はっきり言って、これ使うとえび死にますよ。
クレオソートは論外ですね。

それと前回、今の時期の塗装は難しいと書いたのは、
気温が高い為、早く乾き過ぎるからなんです。
塗料って、早く乾き過ぎると綺麗にのらないんですよ。
だから、深夜に作業してたって前に記事にしたこともあると思いますけど
深夜~早朝しか作業できないのです。
あと空気ができるだけ動かないようにします。風が当たっても早く乾いちゃいますからね。
冬場の塗装では、湿度が足りずのりが悪くなるので、バケツにタオル掛けて湿度をあげて塗装します。

塗装する時の注意点は、刷毛に塗料を付け過ぎないということ。
新品の刷毛だと一回浸けないといけませんが、しっかり無駄な塗料を絞ってから塗ってください。
少量で刷り込んでいくという感じです。
間違ってもベチャベチャに塗ってはいけませんよ。
丁寧に、丁寧に刷り込んでいきます。
最初に塗るのは、隅や裏からです。できるだけ表にはみ出ないように塗っていきます。
で、最後に表側を塗って仕上げます。

あと注意することはー
塗料を少しずつバケツに移して使うことくらいかな。
これやらないと乾燥して途中から濃くなっちゃうよ。
バケツもプラじゃなく、金物のやつが良いです。プラだとほんとひっくり返しちゃうのよ。後が大変です!

こんなとこくらいかな、また気付いたことあったら記事あげます。
では、また来週~♪
いや、明日帰りますよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

お疲れ様です

ご出張ご苦労さまです。

予約投稿って出来るのですね。
塗装は以前パイン材でテーブルを作ってもらったとき、仕上げたオイル(ボイルド亜麻仁油)が残っているのでそれで仕上げたいと思ってます。

何なら何まで聞いてばかりですいませんが、天板はのせるだけですか?下穴あけてビス留めしますか?
下の台がしっかりしてるので載せるだけで良さそうに思いますが・・
宜しくお願いします。

レス

>マメゲンさん
もう帰ってきたよ^^
ゴメン、天板の固定忘れてたね。
四隅の火打ちとセンターの補強材のとこで下からビス打ってます。
上に誰か座ってもらって打つと綺麗にビスが引っ張ってくれますよ。
やってみ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
さわってみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。