えびの杜 覚醒
プロフィール

かぐや

Author:かぐや
「えびの杜」でーす。がんばってま!




matsuri 9th impact 絶賛受付中!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒2010-03-31(Wed)


今日は迷った。
「21st Century Schizoid Man」にしようかと思ったが、二日続けてking crimsonもなんだし。
深夜だと怒られそうだし。
ま、無難なとこでこれどうぞ。



私は初めから霊感が強いわけでは無かった。気づいてなかっただけかもしれないが。
まあ、今でも強いわけではない。けっこう波があって、アンテナが立ってるときには普通に見えるし霊だと解らずに挨拶してる時もあるらしい。
歩いていて普通に人を避けたりすると、他の人が誰もいないのにと変な目で見てたりする。
あ・・・というわけだ。
けっこうグロいやつ見た時は、涙目だが・・・
最近は、まったくと言っていいほどアンテナは立ってない。

高校に上がった時だったろうか、家に離れが建てられてそこで一人部屋を専有できるようになった。
もといた部屋には、大きな祭壇が祭られた。
両親は、毎朝毎夕20~30分ほど経を唱え先祖を供養した。
熱心なのは、私の兄が亡くなっていたせいもあった。私が生まれる前の話であるが。

初めて家に祭壇が祭られた日の事。
お前も来いということで、家族全員祭壇の前で手を合わせた。
私は何度も総本山に付いては行ったが、実際に手を合わせるのは初めてである。
皆は全員ありがたい言葉を書いた襷をかけて、なにやら大げさな首から下げる数珠?を身に着けていた。
経典が全部で三つあり、その二つが終わって三つ目の経典を開く。
今でも覚えているが、折り返しの黄色の経典で出だしが「あに をに まに・・・」となっていたと思う。
これが始まると突然意識が朦朧とし、ひどい吐き気が襲いかかった。
身体の中に何かを押し込められるような感じがした。歯を抜かれる時のギュー、グリッという感覚の逆のような感じだ。
厳しい父親だったので、そういう席で中座するとひどく怒られると思い我慢していたわけだが。
突然祭壇の蝋燭の火が50cmくらい立ち上った時に、皆が異変に気がついた。
と同時に身体も限界で、とにかく外に出たいと、力の入らない四股を何とか動かし庭に出ることに成功する。
なぜか皆に触られることを嫌い、なんとか離れの部屋にたどり着きベットに横たわった。
涙があふれ出てきて、自分の身体の意味のわからない状態に驚愕する。
気を失ってしまえば楽になるだろうと思ったが、逆に気を失えば終わりのような気がして必死でsmoke on the waterのリフを脳内で繰り返す。
しばらくして、その教団の偉い人がやってきて何か話しているが、遠くで話しているような感じで聞こえない。
確かその人が、印を結んだ時であろうか。
急に身体から何かが蒸発していったように感じた。一つではなくて、身体の様々な部分から様々の形の物が出て行った感じだったのである。
今まで生きてきて死ぬかと思ったベスト3に入る出来事だった。
偉い人曰く、一人だけ襷をしておらず穢れの無い子供の魂が依代になってしまったということだった。
たまたま苦しんでいた先祖の霊が、助けてくれと私の中に入ってきたらしい。
ひとり入ると、おれも、おれもとなるわけだ。
配慮が足らず申し訳ないと丁寧に謝ってくれた。
穢れが無いというところは未だに疑問だ。

その後、その祭壇の前に座ることはなかった。
だがその日から霊感、霊障の始まりになったことは言うまでもない。

じゃ、今日はここまで。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

やってみ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
さわってみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。