えびの杜 普通に。でもね、
プロフィール

かぐや

Author:かぐや
「えびの杜」でーす。がんばってま!




matsuri 9th impact 絶賛受付中!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通に。でもね、2011-03-22(Tue)

先日ちょっと嬉しい事がありました。内容は大人の事情で書けませんが。
「アクアギャラリーROSSO」さんに係わる事だったのでメールしてましたら。
返事が電話出来ました!元気でしたね~
今後の事とか色々話しました。とにかくこちら側が活発でいてくれた方が張り合いがあるということです。
被災地の方とカウンセリングしてる方も、被災地の方は楽しい話題が欲しいと言ってると聞いたこともありますし。
イベントシーズンに入ってきますから、活発に参加したいと思います。
とりあえず、愛知で会いましょう!を合言葉にして電話終了。
あ、そういや山口さんと電話で話したの初めてだった・・・



ここ最近、朝起きてニュース。夜帰ってからもニュース。
ヘッドラインから色んなニュースを選んで見てます。
今起こっている事を記憶しなければならないと思って見てます。
こんな記事がありました。

北沢防衛相、「決断」丸投げ 現職自衛官が悲痛な寄稿
2011.3.19 01:15 産経ニュース
 福島第1原発への海水投下をめぐり、北沢俊美防衛相が任務決断の責任を折木良一統合幕僚長に転嫁するかのような発言をしたことに対し、自衛隊内から反発の声が上がっている。

 北沢氏は陸上自衛隊のヘリが17日に原発3号機に海水を投下した後、「私と菅直人首相が昨日(16日)話し合いをするなかで結論に達した」と政治主導を強調する一方で、「首相と私の重い決断を、統合幕僚長が判断し、自ら決心した」と述べた。

 この発言について、ある自衛隊幹部は「隊員の身に危険があるときほど大臣の命令だと強調すべきだが、逆に統幕長に責任を押しつけた」と批判する。北沢氏は17、18両日の2度の会見でヘリの乗員をねぎらう言葉も一言も発しなかった。

 首相も最高指揮官たる自覚はない。首相は17日夕、官邸での会議で「危険な中での作戦を実行された隊員はじめ自衛隊のみなさんに心から感謝を申し上げます」と述べたが、地震発生以来、一度も防衛省を激励に訪れたことはない。

 こうしたなか、現職自衛官の悲痛な訴えが18日、インターネットメディア「JBpress」に載った。海水投下も記述したうえで、こう締めくくっている。

 《隊員を喜んで死地に向かわせるのは、自衛隊最高指揮官である内閣総理大臣をはじめとする、防衛大臣などの各級指揮官の堅確な意志と熱誠を込めた言葉です。…死地に向かわせるなら、指揮官陣頭であるべきです》

 首相、北沢氏は謙虚に一読すべきであろう。

(半沢尚久)


自衛隊って特殊な存在です。
私なんかは生活の為に仕事してますが、彼らは使命の為に仕事してます。
そう、国を守る事なんです。
私は、ある事業でボランティアの自衛隊隊員さんとご一緒することがあります。
裏方さんの仕事でも幹部さんであれ、もくもくと確実にやってくれますし、
お昼の弁当を持って行っても「皆さんには行きわたりましたか?私達は最後でけっこうです」と自己犠牲の塊か?と思うほどです。
命を賭けた仕事でも志願するのを当然として行くでしょうし、実際行ってますよね。
その重大な任務を命令するのは最高司令官である首相が出さなければなりません。
なんかこの記事読むと情けなくて。


吉田茂
「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。
言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい」
(昭和三二年二月、防衛大学第一回卒業式にて)

この気持ちは現在でも息衝いていると思います。


前の記事で「私に出来る事」と題して募金や物資などについて書きましたが。
もうひとつ
私達が出来る事は、未来の為に本当に出来る政治家をみつけるということを付け加えます。
最近の先生方は、みなさんブログをやってます。
検索してどんなことを働いていただいているか見て判断するには今が大事だという事。
与党であれ野党であれ関係ありません。
国会に行ってもやることないなどと言ってるような政治家は必要ないです。



あともうひとつ
ニュースの話ではありませんが、
半年ほど前から良く見ているブログがあるのです。
岩手の漁師さんのブログです。
海だったり、バイクだったり、なぜかお菓子だったりと。
言葉も地の言葉で楽しかったり。
一昨日、ハッと思いだして見てみました。
11日に遡って見て行くと、泣けるというか苦しくなってきます。
それと同時に人間の強さも教えてくれます。
少し冗談も書いてきたのでホッとしてますが。
ここに紹介するか悩みましたが、これが現実です。
どこに流れて行くか分からない募金も多い中、是非ここに流れて行ってほしいと切に願います。
見る方は1日なにもできなくなので注意。勇気と力のある方はコメントまで全部見て下さい。
「漁師の徒然なるブログ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログで今の声を聞けました。
是非、早期復活や安否確認が取れると良いですよね。
うちのブログにアップしましたが、とある方からのチェーンメールですが、涙しました。

漁師さん尾ブロブを拝見しました!
実名で伝言板みたいになっていて凄かった
被災された人たちは前向きに進んでいるってわかります!

ROSSOさんなんか、電話でいつも道理におどけた話で人を和ますもんね!
逆にオイラが元気をもらうよ(笑

くまさん

>くまさん
チェーンメールの記事見ました。ありがとうございます。
私も島根の原発勤務の方のニュース見ました。素晴らしい方だと思います。
ですが、実際に一番危険な建屋付近で作業されているかたは東電他社員さんではなく、
電工他下請、孫請業者の作業員の方だと思います。
Fukushima50と呼ばれている方々も殆どがこの方々だと思います。
通常のメンテナンスもこの方々が行われています。
今日、被曝された方も東電社員という報道でなく、20代と30代の作業員という報道です。
「原発で働く人々」、「原発ジプシー」というワードで検索するとよく分かると思います。
自衛隊の中央特部ですが若年定年の為、55歳以上となると一佐以上の幹部となりますのであり得ません。
大変申し訳ありませんが、私はソースの無いチェーンメールは一切信じないようにしています。
どうもtw他を利用して世論操作しているように見えてならないのです。
私が間違っているなら良いのですが、もしそうであればこれは憤慨するべきことだと思います。
ですが、現場で作業されている方々が無事であることを祈る気持ちは同じです。

okazoさん

漁師さんみたいな人がいるから、周りの皆さんもなんとかやっていけるんでしょね。
でもそろそろ疲れが出てくる時期なので心配ですが・・・

ROSSOさんも頑張ってますよね!
やってみ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
さわってみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。